民法大改正情報 法務局での自筆遺言書保管制度 7月10日から開始します!

(図は法務省の資料より転載)

 

民法大改正情報

法務局での自筆遺言書保管制度 7月10日から開始されます!

遺言とは

自分が死亡したときに、これまで引継ぎ、築いてきた財産をどのように配分したいのかの最終意思を文書にするものです。遺言の作成にあたっては。細かなルールが定められていおり、このルールに反する遺言は無効になってしまいます。正しい遺言書に自己の意思を明らかにすることで、相続をめぐるトラブルを事前に防止できるだけでなく、家族への「思い」を伝えることもできます。ぜひとも人生の締めくくりとして、自分の思いを文書に残しておきましょう。

遺言がないと

遺言がなく、被相続人が亡くなった場合は、相続人全員で遺産分割協議を行うことになります。そして、全員の同意が整って初めて遺産の分割が行われます。この遺産分割協議では、相続人の間でそれぞれの思惑と主張があり、相続割合をめぐって争いになるケースが少なくありません。

遺言書を残さないと本人の最終意思が実現しない可能性が高い例
・長く介護をしてくれた嫁にもいくばくかの財産を残してあげたい
・子どもがなく、兄弟はいるが疎遠なので、配偶者にすべての財産を相続させたい
・会社を引き継いでくれた長男に自宅兼作業所を、長女には現金の一部を渡したい
など、法定相続割合ではない内容の配分をしたいときは、遺言書による方法が一般的です。

相続時に、家族や親族で争いが起きる「争族」や、いつまでも争いが続く「争続」にしないためにも、「もしも」に備えて、遺言書を書き残すことを強くお勧めしています。

これまで自筆証書のデメリットのひとつになっていたのが、相続人全員を前に裁判所が自筆遺言書を開封し、本人の書いたものに間違いがないと確認する「検認」という作業の煩わしさです。今回の自筆証書遺言書を法務局が保管するという制度では、この裁判所による検認作業は不要になります。全国各地にある法務局で手続きができ、また保管料は1件3,900円と安価であるため、遺言書を残す敷居は低くなったと言えるでしょう。

遺言があっても「早い者勝ち」に
しかし一方で、従来は「遺留分」という制約はあるものの、遺言書の効力は絶大でしたが、改正民法では、法定相続分を超える部分については、登記などの「対抗要件」を備えておかなければ、先に登記を済ませてしまった自分以外の第三者に、「それは私のものだ!」と主張(対抗)することができないという条文が追加されました。そのために、遺言書があっても、結果的に「登記の早い者勝ち」という新たな問題も発生する可能性があります。法務局に遺言書を保管しているからとか、公正証書遺言があるから、相続手続きは49日が終わってからにしよう…と、のんびりとはできないので注意が必要です。

Zoomウェビナーを使ってFacebookでON LINEセミナーを実施しました

Zoomウェビナーを使ってFacebookでON LINEセミナーを実施しました

《失敗事例に学ぶ》

 

2019年5月から毎月開催してきました「人生100年時代の知恵袋」と題する

公開セミナーをZoomを使ってのFacebook-Liv配信を開催しています。

新型コロナの影響で2回の休講後の今回(6/13と14日)は、通常の講義形式ではなく、

ケーススタディに対して、会場とON LINEの参加者に、「私だったらこうする」

という双方向のやり取りで進めるという新しいチャレンジをしました。

 

今回初めて、「Zoomウェビナー」を使ってのLive配信に挑戦したところ、

3つの失敗がありました。ON LINEセミナーを企画されている方は参考にしてください。

 

「Zoomミーティング」と「Zoomウェビナー」の違い

「Zoomミーティング」を使っての会議の場合、参加者名が画面に表示されます。

社内会議や個別面談、Web飲み会などの仲間内での場合は、名前が表示されることを

問題と感じる人は少ないでしょう。私は近い将来、「会員制の有料セミナー」を考え

ています。有料セミナーでは講師との対話形式のやり取りが多くなると想定されます。

そこで、個人情報保護の観点から、受講者名が分かる仕組みは回避したい、何かいい

ツールはないかなと思案していた時に知ったのが、「Zoomウェビナー」という

Zoomの有料サービスです。

 

自分が知ると、「Zoomウェビナー」を使ったON LINEセミナーは数多く開催されて

いることに気が付きました。「チャット」での発言を講師が即時紹介するだけでなく、

「手を挙げた人」を管理者が「パネリスト」として、画面に個別に登壇させることも

できます。料金はZoomの有料会員が前提で、一番安い価格の参加者100名までで

月額5,500円、年額で16,000円程度です。

使いこなせればかなりの優れものという感触があります。

 

失敗その① 受講者のZoomを最新バージョンにしていただく

Zoomは脆弱性を指摘されてから数回のバージョンアップをしていますが、2020年5月末の

更新は大きく、旧バージョンでは接続できないため最新版への更新の案内を事前に差し

上げておくべきでした。

未更新のために接続不可の方が数名

 

失敗その② URLクリック+もう一つの作業があった

「事前にZoomアプリのダウンロードがなくても接続できる」とのことでしたが、ある

作業がありました。PCでは「名前の入力」、スマホやタブレットからZoomに接続するには、

アプリをダウンロード、インストールしてから、ホスト側が送った番号を入力します。

(例https://zoom.us/j/2910000000の場合、2910000000

この手順がクリアできずに接続を断念された方が数名

 

失敗その③ Facebookの「クッキー」の削除忘れ

ZoomからFacebook-Liveをしようとすると「接続中」と表示され、黒い画面のままと

いう経験はありませんか? ある程度の時間が経過すると接続されることがありますが、

開始時間になって「接続中」が長くなると冷や汗が流れ、頭が真っ白になります。

接続に時間がかかる理由の一つに、「Cookies」が溜まってしまっていることにあります。

PCで、Fキーの「F12」を押すと右側にコードが表示されます。上段の選択肢の中の

「Applicatin」を選択、左のメニュ「Storage」を選択、「Cookies」をみると、2つの

「https;//…」があります。それぞれを選択すると過去の接続履歴が大量にあることが

わかります。この「https;//…」を右クリックすると「Clear」が表示されるので、

ポチっとすると履歴が削除されます。

★重要な事前作業★

Cookiesを削除すると、ログイン情報も削除されますので、接続初期の「メール」と

「パスワード」を入力する「ログイン」が求められます。これをセミナー当日の慌ただしい

中でログインをしようとすると、パスワードがとっさに出てこないと、再び冷や汗が

吹き出ます。Cookiesの削除は前日までに済ませておきましょう。

 

Wifei接続ではなく、Lan接続での開催を

ルーターが室内にあるときは、Lanケーブルでの接続を強くお勧めします。日本中がWebを

使っています。非常事態宣言が解除されたとは言え、Webを使っての在宅勤務が激増しています。

特にマンションで共同での接続の場合は、通信速度が遅くなります。Zoom会議で、黙って聞いて

いるときは正常なのに、話すと音声が途切れるのは、電波速度が低下している表れです。

自分が主催者(管理者)の場合は、可能な限りLan接続しましょう。AmazonでLanケーブルを

購入される際は少しだけ割高ですが「CAT8」タイプにされるとよいでしょう。

 

この情報が、OnLineセミナーなどを開催しようとお考えの皆様に、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

次回の「人生100年時代の知恵袋」セミナーは7月11日(土)10時~11時

詳しくは当事務所のHPの「最新情報」をご参照ください

https://yunomae-office.com/

ブータン訪問記2019  街中の風景

〜60歳以上の無料健康診断キャンペーン中〜

記念仏塔の一角を会場に、今日は無料の「60歳以上特別健康診断日」ということで、ご高齢者がたくさん見えていました。

自分の田舎では働き口が無い若者は、自然と人が集まり、仕事がありそうな首都に集まってきます。

やがて年老いた両親を若者は自分の住む首都に呼び寄せます。ここの記念仏塔は、そんな地方から出てきた同郷の高齢者が集まる交流の場になっています。

ブータンには様々な固有の言語があり、いくつかの説があるようですが、ここに20年暮らす日本人の方からは「18の言語があって」とお聞きしました。学校教育の場や、行政書類の関係から、最も多くの人が使っっている言葉を共用語として採用し、ゾンガ語について書かれた教科書を小学校から使うと。お祖父ちゃん、お祖母ちゃんの中にはゾンガ語の教育を受けていない人が多い。英語も共用後にした理由はウイキペディアによるとゾンガ語は語彙数が少ないからとありますが、それが理由か聞けていません

無料の健康診断の場で出会ったのは、近くにある国立病院で看護師としてJICAで活動中の日本人ボランティア。

今日は彼女の職場である国立病院を訪問予定です

ブータン訪問記2019 ブータン 街中の風景

ブータン 街中の風景
〜犬がいっぱい 🐶🐶🐶だらけ〜

ブータンは何処でも犬だらけ。犬が多い3つの理由を聞いた。

①ブータンでもっとも有名な12世紀の高僧が犬をたいそう可愛がっていたので少しでもあやかりたい

②犬は死ぬと人間に生まれ変わるので大切にしている

③人は死んで49日後に天国行きか地獄行きが決まるがその時の道案内が犬なんだって

昼間の犬は静かで、穏やかで、多くの犬さんは寝てます。

夜中は犬の鳴き声が街中響き渡っています。さすがに遠吠えはないものの、キャンキャン ガルルガルル ワオワオ 喧嘩というより犬のフェスティバルです。あんだ哭けば疲れ果てて昼は寝てますわ🐶

世界一幸福な国 ブータンに到着   滞在記その1

今回のブータン訪問の目的は、日本の3法人の介護施設で技能実習生を招聘すべく、候補生との面接のための同行です。

5/13 成田発1730
経由地/バンコク着2130 空港で待機
5/14 ブータンに向けて出発 630 (途中でインドの何処かで30分の経由待機)
ブータンのパロ国際空港1030着(日本時間は1330)

首都テンプーまで車で1時間弱。高地にある空港から低地の首都に下るのではなく、同じ2500mの隣町に移動すると言う感覚です。

今回がはじめての海外渡航という若者は秘境巡りにハマったな

パロ空港に向かう途中で運良く(多分)エベレストが見えました。空港到着後直前は山間を縫うように高度を下げていきます。動画をつけていますが、崖と翼の間は僅かです。霧や強風があれば絶対に着陸は無理無理

前日まで連日の雨だったそうですが、奇跡の晴れ男が訪問です。晴れないはずがない☀☀

グループホームでの介護職の勤務を本日で終えました

2018年6月6日

当初、グループホームの後は特養で修行する予定でしたが、今月下旬から、家内が腰の手術のため数週間の入院をし、その後のリハビリ、また92歳の母親の介護もあり中断の已む無きに至りました。行政書士として、海外からの介護就労者のサポートをしたいという目標があり、そのためには彼らが働く介護の現場を知るべく、介護職として勤務を始めたのが昨年の12月。半年間という短い期間でしたが、実に多くのことを学びました。

くもん学習療法センターで10数年の中で介護に関わる方々とお付き合いをさせていただき、学習療法の様子も何度となく見学しました。しかし、当時の私は「出入り業者の一員」にすぎません。今回、現場に入り、立場を変えてみると、見えてくる世界は別物でした。

一緒に働いてきた介護職の皆さんとの何気ない日常的な会話の中で、この仕事を通しての彼らの夢や人生観も垣間見えてきました。また、毎日のように奥様に会い来られるご主人、日曜日には必ず母親に会いに来られる息子さんや娘さん、それとは真逆のご家族もあります。ほぼ無年金の92歳の母親を含めて、我が家の明日を意識する毎日でもありました。そしてまた、入居して間もなくから、日ごとに悪化していく認知症や身体機能。「施設に入る」ことの意味を考えさせられる日々でもありました。

2か月前から2名の方を対象に実験的に学習療法にTryさせていただきました。それなりの効果が出始めている中での中断は、学習療法に強い関心を持っていただいた施設長やスタッフの方々、学習者のお二人に申し訳なく最大の心残りです。


(写真は私が支援者になっての学習療法の様子)